訪問看護のオンコールで支給される手当の相場は?

top middle bottom

支給される手当の相場は?

病院での勤務とは違って訪問看護ステーションで働くときの大きなポイントはオンコールがあることですね。でも、オンコールって手当出るの?と思っている人はいませんか?1回の手当や相場など、オンコールの実態を紹介します。すでに訪問看護ステーションで働いている人もこれから働きたいと思っている人もぜひ参考にしてみてくださいね!

支給される手当の相場は?

オンコール手当の相場は?

オンコール手当の相場は?

全国訪問看護協会研究事業の平成27年度のデータでは、1回のオンコール手当は1,000円~2,000円との回答が34.2%で最も多かったです。次に31.0%で2,000円~3,000円でした。3,000円~4,000円が10.1%、4,000円以上が7.9%でした。
このデータは、平日の夜間(17時~9時)のオンコール手当を対象としています。土日のオンコール手当はこれよりも高いんじゃないでしょうか。平均すると、平日で2,000円、土日で4,000円といった感じだと思います。なお、これはオンコールで勤務しただけで出る手当です。実際に緊急訪問したときはまたさらに手当がつくことが多いです。
ちなみに、前述の全国訪問看護協会研究事業の調査によると、オンコール待機を一人にお願いしている事業所は約40%、二人にお願いしている事業所は約30%ありました。二人で待機している事業所の手当は、1,000円未満と答えた事業所が25.0%、1,000円~2,000円と答えた事業所が12.9%、2,000円~3,000円と答えた事業所が6.4%でした。二人体制の事業所だと少し手当が安くなるのかもしれませんね。でも、利用者さんが多い事業所などでは緊急対応も多くなるので働く看護師にとっても安心できますよね。

なぜ手当に差があるの?

なぜ手当に差があるの?

前述のデータをみると、オンコール手当は、1,000円~4,000円と金額の開きが大きいですよね。なぜこんなにも差があるのでしょうか。これは、事業所の経営状況に左右されるからなんです。利用者さんが多く、訪問看護以外にも事業展開している大きな会社は看護師に払えるお金も多いんですね。そんな大きな事業所では、利用者さんが多い分、夜間の緊急訪問も多いと思いますが、スタッフも多めに配置されているのでオンコール当番は少ないかもしれません。夜間に緊急訪問があってもその分手当がもらえるならラッキーと考える人もいるんじゃないでしょうか。面接のときに手当の金額や月の平均緊急訪問回数などを聞いておくと、自分に合った職場かどうか判断できると思います。

病院の夜勤との違いは?

病院の夜勤との違いは?

日本看護協会のデータによると、二交代夜勤の場合、夜勤手当は平均で11,276円となっています。オンコール手当のモデルケースを見てみると、平日6回、土日祝日2回の計8回のオンコール待機をして、平日2,000円、土日祝日4,000円の待機手当だとすると、1ヶ月で20,000円の手当になります。しかも、病院と違い自宅待機ですのでいつもどおり部屋で過ごせます。オンコールが不安に思っている看護師さんも少し見方が変わったんじゃないでしょうか。

よく読まれている記事はコチラ!

転職を成功させる3つのコツとは?
どうやって選べばいいの?

転職先を探す際、勤務地や給料、福利厚生などの基本的な勤務条件は皆さんチェックすると思います。ただ、訪問看護へ転職する際はそれだけでは不十分なんです。例えばオンコールの体制や事業所の規模、運営母体の組織の違い、利用者さんの傾向などによって、労働環境が違ってきますので、はじめて訪問看護で働く人は要注意です。ここでは、訪問看護ステーションの求人を探すときに必ずチェックしてほしいポイントを紹介しますね。

訪問看護ってどんな仕事?
在宅生活をより良いものにするための看護

病気や障害を抱える方たちの自宅での暮らしを、主治医の指示のもと医療面で支えるのが訪問看護師の仕事なんです。寝たきりの高齢者や終末期の看取りケアだけではありません。精神疾患や障害を抱えた方、赤ちゃんや若者など、年齢も病状も様々な方が対象です。医療処置、予防ケアや介護指導まで、幅広く関わりながら、コミュニケーションをとり、訪問看護を利用する方たちとそのご家族の生活をより良いものにすることが、訪問看護師の役目です。

オンコールについて詳しく知りたい!
突発的なトラブルに対応する

訪問看護ステーションではオンコール体制を導入している施設が増えています。訪問看護は在宅医療を受ける人の自宅へ訪問して看護をします。自宅なので病院と違って常に看護師が常駐しているわけではありません。急に具合が悪くなるなど緊急時や突発的なトラブルに対応するために看護師が待機するのがオンコールという勤務体制です。オンコール勤務中に緊急連絡を受けた担当看護師は現場へ向かい、看護業務を行います。オンコール中の過ごし方などを紹介します!