どんな仕事?訪問看護とオンコール

top middle bottom

訪問看護ってどんな仕事?

訪問看護ステーションが増えてオンコール勤務ができる看護師が求められていることを紹介してきました。はじめて訪問看護ステーションで働く看護師さんは、色々と不安ですよね。訪問看護とは、入院せずに在宅で医療を必要とする方のご自宅にお伺いして行う看護です。病気や障害、精神的疾患などを抱えながらご自宅で暮らす方たちを、主治医の指示のもとに看護師としてサポートします。訪問看護でも看護師国家資格でできる範囲は変わりません。

よく読まれている記事はコチラ!

転職を成功させる3つのコツとは?
どうやって選べばいいの?

転職先を探す際、勤務地や給料、福利厚生などの基本的な勤務条件は皆さんチェックすると思います。ただ、訪問看護へ転職する際はそれだけでは不十分なんです。例えばオンコールの体制や事業所の規模、運営母体の組織の違い、利用者さんの傾向などによって、労働環境が違ってきますので、はじめて訪問看護で働く人は要注意です。ここでは、訪問看護ステーションの求人を探すときに必ずチェックしてほしいポイントを紹介しますね。

訪問看護ってどんな仕事?
在宅生活をより良いものにするための看護

病気や障害を抱える方たちの自宅での暮らしを、主治医の指示のもと医療面で支えるのが訪問看護師の仕事なんです。寝たきりの高齢者や終末期の看取りケアだけではありません。精神疾患や障害を抱えた方、赤ちゃんや若者など、年齢も病状も様々な方が対象です。医療処置、予防ケアや介護指導まで、幅広く関わりながら、コミュニケーションをとり、訪問看護を利用する方たちとそのご家族の生活をより良いものにすることが、訪問看護師の役目です。

オンコールについて詳しく知りたい!
突発的なトラブルに対応する

訪問看護ステーションではオンコール体制を導入している施設が増えています。訪問看護は在宅医療を受ける人の自宅へ訪問して看護をします。自宅なので病院と違って常に看護師が常駐しているわけではありません。急に具合が悪くなるなど緊急時や突発的なトラブルに対応するために看護師が待機するのがオンコールという勤務体制です。オンコール勤務中に緊急連絡を受けた担当看護師は現場へ向かい、看護業務を行います。オンコール中の過ごし方などを紹介します!